2011年05月01日

塔の上のラプンツェル

・パスカルやマックスみたいに動物達のキャラがすごく濃いな(笑)。なんか、ディズニーアニメって動物が人間のような動きをするから、動物との差が見た目くらいしかないみたいに感じるな。
・プリンセスが帰ってくることを王国中の国民が祈るなんて、すごく平和な世界だよね。チンピラ達も根っからの悪ってわけじゃないし、というかむしろいい奴らだし。でも、そういう世界が長続きしないのは世の常だよね。どうでもいいんだけどさ。
・ゴーテルってなんか複雑なキャラだな。まあ、人様の、それも一国の王の娘を誘拐した時点で悪には違いないのだけど、その娘を自分の子のように育てるような愛情あふれるところを見ると、実はそこまで悪い人じゃないと思っちゃったり。最初は自分が若返るための道具にすぎなかったのが育てるうちに情が移って、道具としてではなく、娘として大事にしたいと思ってたりしてたのかなぁと考えた。なんか、何が言いたいのかさっぱりになっちゃった気がするけど、要するにそういう所が複雑だなぁ〜と思ったわけです。
posted by ゆう at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリバー旅行紀

・予定調和で意外性はないけど、そういう所が逆によかったと感じた。なんか、元気をもらえる映画だな。人生あんな風にうまくいくことはないとわかっていても、見ていて安心する。
・エドワード将軍が作ったロボットがなんか、アイアンマンみたく見えた。エドワード将軍の顔も、アイアンマンの人に似ているし。ま、アイアンマン程かっこよくないけどね。
・ホレイショってあんまりハンサムじゃないよね。どうでもいいんだけどさ。
posted by ゆう at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

あたしンち

・全編3Dだと43分でも疲れるなぁ。ずっと飛び出しっぱなしだし。そのくせ平面画のまま飛び出してくるからなんか違和感あるし。
・なんか内容があまりなかった。3Dにすることが先行して内容が疎かになっている気がした。というよりもテレビの時のノリのまま映画化したような感じだったから、3Dでなければ映画として公開する意味がないと感じた。
・この映画って元とれてるのかなぁ。劇場がら空きだったし、3Dってお金かかるみたいだし。まあ、僕が心配することじゃないけど。
posted by ゆう at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリーポッターと死の秘宝PART1

・ヴォルデモートの蛇がハリーを襲う時に思わず体がびくんっとしてしまった。それほど見ている人を引き込んでしまうような緊張感があって圧倒された。
・全く退屈させない話の運びは流石だな。むしろ緊張感のあるシーンばかりで少し疲れた。
・ルーナが登場するとなんかその場の空気が少し変わる感じがした。緊張したシーンでもルーナがいると和むまでではないにしても、少し糸が緩む感じがする。凄い独特の空気感だな。
・現代の技術って凄いや。ドビーが死んでしまうシーンでのドビーの表情とかまるで本物だった。ってこれ完全にネタバレだな(笑)。
posted by ゆう at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

のだめカンタービレ最終楽章後編

・やっぱり劇場だと音がすごいな。迫力があるし、前編のときにも言った(書いた)ようにまるで本当のオーケストラを聞いているみたいだった。
・アニメや原作ではターニャと黒木君の関係にもっと触れていたけど、映画じゃのだめと千秋がメインであまり触れていなかった。最初のほうでしか触れていなかったからちょっと残念かな。
・宣伝ポスターにあったのだめと千秋が並んでいてその前をマングースがすごい速さで通りすぎるというシーンがあるが、映画では見受けられなかった。早過ぎて見えなかったか、もしくはそのようなシーンは存在せず、宣伝する上での合成かの、どちらかだろう。もし、前者だとしたら見られなかったのが残念で仕方ない。
・ヤドヴィが扱っていた楽器は何だったのだろう?ちらっと言ってた気がしたが、覚えていない。何と言う楽器でどのような楽器だったのだろう?もう少しその辺の説明があってもよかったのではないだろうか。
posted by ゆう at 20:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリスインワンダーランド

・3Dじゃなくても疲れてた気がする。みんなキャラクターが濃すぎてなんだか疲れた。
・想像してたよりも赤の女王の怒った顔が赤くなかった。まあ、十分赤かったのだけれども、もっと赤くなるものだと想像してたから少し拍子抜けした。
・マッドハッターがアリスに「君は何故いつも大きすぎたり小さすぎたりするんだい?」といったような事を言っていたが、アンダーランドの住人のほとんどが、いや、アンダーランド自体が「大きすぎたり小さすぎたり」つまり、極端だと思った。二言目には「打ち首じゃ!!」と言い、処刑しまくる赤の女王。対して契約により(何との契約なのかは知らないが)生物を殺生しない、いや、できない白の女王。全く極端で、わかりやすい。にしても白と黒ではなく、赤と白なのは面白いな。
・小さくなる薬を作る材料の中に希望的観測がスプーン2杯分があったのは少し笑った。希望的観測なるものが物体としてある事が驚きだし、スプーン2杯分が必要というのも面白い。奇妙な世界を一層奇妙にしていたように思えた。
posted by ゆう at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

のだめカンタービレ最終楽章前編

・オケのメンバーの個性があまり表現されてなかった気がする。みんな同じ人に見えた。コンマスやオーボエの人くらいしか区別がつかなかった。
・映画だとやっぱりテレビと迫力が全然違うな。千秋の演奏のあと、つい立ち上がって拍手するところだった。
・笑いあり、涙ありって言ってたけど、涙はなかったと思う。確かにシリアスな部分もあったけど、泣くほどではなかった。
・松田さんのキャラが想像してたのと全然違ってた。真面目な人と思ってたけど、女たらしなところがあったんだな。千秋の指揮を馬鹿にするときの笑い顔…。なんかさすが、谷原さんって感じだな。でも、最後にSオケを指揮してたときはキリッとしてかっこよかった。
posted by ゆう at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アバター

・ナヴィの言葉ってどう作ったんだろう?意味とか全部ちゃんと決めてたりするのかな?それとも、適当にニュアンスでしゃべってたのかな?でもかなり手の込んだ作品だけにそれはないかな。
・3Dがいい具合に控えめだったから、目はそんなに疲れなかった。まあ、3時間くらいあったから疲れはしたんだけど。
・ラストシーンでジェイクが目を開けたとき、瞳の色が人間っぽくなってた気がする。気のせいかな?でも、魂の木の力で人間からナヴィになったわけだから、そういう表現があっても良いと思うんだよね。だから気のせいとは思えないだよね。
posted by ゆう at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

サマーウォーズ

・結構クオリティ高かったな。SFチックな所がありつつ、ちゃんとリアリティもある。時をかける少女もそうだったけど、結構レベルが高いな。映像も、内容も。
・佗助って名前からして、可哀相だよね。「わびている」わけだからさ。実際、大好きなばあちゃんに認めてほしくて、ラブマシーンという怪物を作り上げちゃったわけだし。
・健二や佳主馬みたいに何か一つでも得意なことがあって、芯の強い人って少し憧れる。
posted by ゆう at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20世紀少年最終章 ぼくらの旗

・やっぱりすごいなぁ、20世紀少年。最後までスクリーンから目が離せなかった。圧倒されっぱなしだった。あの迫力は半端じゃなかった。
・主題歌と映画が凄くマッチしてて、よかった。エンドロールのライブも凄くよかった。
・話が壮大すぎて、何を書けばいいのやら…。原作も読んでみたいな。
・何故、ともだちに人々が集まったのか。何故、あれだけのことができたのか。考えさせられる作品だ。
posted by ゆう at 16:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

ハリーポッターと謎のプリンス

・ハリーや他の人達もそうだけど、ドラコもずいぶん成長したなぁ。めっちゃ背高くなって、顔も四角くなって。CMでほとんど見かけなかったから余計に驚いた。にしても、なんでCMで見かけなかったんだ?今回ドラコが物語の鍵みたいなものなのに…。まあ、実行したのはスネイプだからなぁ。そっちの方に目が行くのは無理ないか。
・今回は本当に恋愛話が多かったな。まあ、そういうちょっと息抜きみたいなものがないと、今回は結構重い内容だから、疲れちゃうよな。ま、長いから疲れることには疲れるんだけど。
posted by ゆう at 01:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

鴨川ホルモー

・内容はほとんど無いね。なんかノリで作ったって感じだった。これが青春だ〜!!みたいな。
・結局あの大きい鬼は何だったんだ?爆発したけど、ただ爆風が吹いて鬼たちが全滅したようにしか見えなかったし。神のお怒りって実際大したものなのか?
・最後に名誉挽回するのかと思ったら、最初から最後までぱっとしなかったな、安部。結局大した活躍もせず、逃げてばっかりだったしな。もうちょっといいとこ見せよう。主人公なんだから。
・ペナルティって一生続くものじゃないのかな?高村は一年経ったらもうチョンマゲじゃなくなったし。それにしても、芦屋のペナルティは何だったんだろう?
posted by ゆう at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOEMON

・最初から最後までクライマックスって感じだった。一つ一つのアクションが早過ぎて目がついていけなかった。
・才蔵がすごくかっこよかった。自分の信念を最期まで貫き通したって感じで。ちょっと憧れる。
・寺島さん貫禄あるなぁ。服部師匠役にピッタリはまってた。
・五右衛門のコミカルな部分がもう少し欲しかった。話の内容が重いから少し安心できるようなところがあった方がいいなと思った。まあ、最初のほうに留めておかないと話の感じが変わっちゃうのかもしれないけど。
・素晴らしくどうでもいい事だけど、肩凝った……。痛ぇ…。ものすごく痛ぇ……。
・五右衛門は佐介にいつか裏切られるって予想してたのかな?それとも全くの予想外だったのかな?
・石田三成は自分自身の意思で動いていたのかな?なんだか、おりんにいいように使われてたような気がする。
posted by ゆう at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

20世紀少年第2章〜最後の希望〜

・なんかすごく疲れた。2時間半とは思えない程、長く感じた。刹那というか、銃を突き付けてぶっ放すまでのゴゴゴゴッって感じのやつとか、撃たれた瞬間が長かったり、圧巻されるようなアクションやCGも結構あったからなぁ。そういうのが原因なんだろうな。
・第1章もそうだったけど、結構グロいシーンもあった。撃たれた時の血の噴き出し方が尋常じゃなかった。子供が見るにはちょっときついと思った。
・ともだちが動き出した時からケロヨンやマー坊たちは何してるんだろう。もしかしてその中にともだちがいるのかな?
・円卓議会でのともだちの声が随分クリアだった。しかも、その声がヨシツネに似てた。それにヨシツネが13番に気付いた後があやふやになってた。ヨシツネがともだちなのかな?
・カンナを殺そうとした警官が救世主だった。どうしてだろう?ともだちでもカンナでもなく、どうしてあの警官だったんだろう?
・ともだちランドにいたリーダー的存在の高須、ものすごくハイテンションだったな。観てて聞いてて疲れるほどに。
・第1章でもそうだったけど、ちょくちょく芸人がでてなぁ。その中に台詞が全くなかった人もいたけど。
posted by ゆう at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

崖の上のポニョ

・この話って主人公が子供じゃなかったら結末が違ってくるよね。というか話全体が変わるかも。ポニョも宗介も子供だからこそ成り立つ物語だと思う。
・なんか想像してたよりも(というか想像したどうり)つまんなかった。たしかに笑えるとこもあったし、感動も少しあったけど、完全に子供向きで僕にはあまり面白くはなかったように思えた。
・ポニョと宗介が大人だったらどんな話になるんだろう?
posted by ゆう at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

バッテリー

・面白かった。笑えるところは笑えて、感動するところは感動する、結構いい映画だったと思う。
・特に感動したところはたくみの父親が母親に病院で話し掛けてるときだな。特に「せいやが大好きな野球をせいやができないぶん、たくみは必死で続けてると思わない?」(こんな感じの台詞だったかな?)ってところ。CMでやってたからこの台詞がくるのはわかってたけど、聞いたら心にぐっときて、泣けた。なぜだかはあまりよくわからないけど。
・テニス部の顧問って野球部の顧問が好きなのかなぁ?テニス部の顧問の口調からそんな気がして。
・どうしてたくみはゴウがとれないようなボールを投げれるようになったんだろう?お爺ちゃんがなにか言った気がしたんだけどなに言ってんのかよく聞き取れなかった。
posted by ゆう at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

劇場版仮面ライダー電王俺誕生!

rider.JPG
・蹴られただけで記憶喪失ってどんだけだよ。良太郎が弱いのか、牙王が強いのか、どっちなのかわからないよ。 ・イマジンって契約者の記憶で成り立つはずなのに、なんで、モモタロスたちは消えなかったんだろう?ってか、繋がりが切れたら実体化できるなんて聞いてないよ。
・モモタロスたちが戦ったとき、みんな武器使ってたけど、リュウタロスの武器が一番危ないと思う。ショットガンみたいなやつだったし。子供にショットガンみたいなやつは危ないよ。・ウィングフォームの必殺技がよくわかんなかった。
・泥棒を追い掛けるとき、リュウタロスはなにがしたかったんだろう?結局踊ってるだけだったじゃん。バックダンサーの女の人が出てきたとき、宝石泥棒あきれてたしね。
・今回の映画のテーマってなんだろう?時間の在り方?家族?
・ジークはなんで、食事中にオロナミンCを飲んでたんだろう?しかもわざわざグラスについで。
posted by ゆう at 21:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノの森

piano.JPG
・海の声が女の子っぽすぎた気がする。そりゃ、上戸彩がやってるからしょうがないかもしれないけど、もう少し低い声でもいいとおもった。
・なんかピアノの才能に恵まれた主人公って、決まって音楽の知識をあまり知らないよね。それでいて、その主人公の周りには完璧主義のピアニストがいるよね。まあ、これとのだめの二つしか知らないから、本当のことはわからないけど。
・続きがありそうだよね。この話。原作はもっと続いてるだろうし。
・誉子はなぜ、トイレでのウィンディとの時間が一番落ち着くんだろう?なんで、トイレに拘るんだろう?
・金平の声がサトシと同じ声だとわからなかった。あと、阿字野の声が宮迫だってことも。うまいよね。(どうでもいいけど、『阿字野』って絶対当て字だよね。)
posted by ゆう at 13:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

harry5.jpg

・今回もかなり省かれてたなぁ。(まあ、当たり前なんだけど。)キスしてからのハリーとチョウの関係とか、騎士団の本部にいた屋敷しもべのこととか、OLW(だったかな?)、通称フクロウのこととか、いろいろ。(まだあるんだけど、今思いつかない)
・原作とは違うところがあった。予言を割ったのはルシウスではなく、ネビルが割ったし、ムーディーがダーズリーの家に来たとき、ハリーの部屋に入ったんじゃなくて、ハリーが部屋から出てムーディーだと気付いたんだ。
・なんか、見てる間ハリーの顔がヴォルデモートに見えた。輪郭がちょっと似てたからか、意図的にそうなっていたのか。(でも意図的には無理か)
・今回、相当カットしたんだろうなぁ。原作が長かったし。でも良かった。次回が楽しみ。
posted by ゆう at 16:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

スパイダーマン3

・なんか話ができすぎやしないか?公園でMJと話しているときに、隕石が落ちて、それに、たまたま寄生生物がいて、たまたまピーターのスクーターに付着するなんて、ちょっとできすぎだよ。それにマルコがサンドマンになった理由もできすぎだと思う。逃げ込んだ所でたまたま物理実験をやっていて、それに巻き込まれるなんて。まあ、その設定がないと、この物語は成り立たないんだけどね。それにそんなこと言いだしたらきりないしね。
・マルコが逃げ込んだ研究所でやっていた実験てなんの実験だったんだろう?
・エディは自分勝手だと思う。合成写真を使ったことをバラされて何もかも失って悔しいのはわかるけど、元はと言えば合成写真を使ったのがいけなかったんだからそれで、ピーターの命を奪おうとするのは間違っていると思う。
posted by ゆう at 17:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。