2015年09月14日

ミッションインポッシブル ローグネーション

・スパイ映画ならではの目まぐるしい展開で、すごいエンターテイメントな作品だった。特に冒頭の飛行機のシーンは見ていてドキドキしたし、前作を見ていなくてもハントのチームがどういうものなのかがよくわかって、後半の展開に効いていて、映画の始まりとしてとてもいいものだった。
・最初のブラントとハンリー長官のやり取りやハントとレーンの構図がラストではちょうど対比になっていて、気持ちいい終わり方だった。
・相変わらず、アクションがすごかった。冒頭の飛行機しかり、飛び降りしかり、カーチェイスしかり、本当にこれを全部自分でやったのかと驚愕した。
posted by ゆう at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。