2013年11月24日

SPEC結〜漸ノ編〜

・野々村係長がメインと言っても過言ではない話。今まであまり未詳の部屋から出ずに後方支援的な働きというか外で戦ってる当麻や瀬文を見守ってきたのに対し、今回は一人単独で行動。この時点で結構、死亡フラグはたってたけど…。当麻や瀬文の心を支えて、道を示してきた野々村係長が死んでしまい、これからどういう結末へと向かうのか気になる。
・セカイ、潤、卑弥呼は何を目的に動いているんだろう?決められた結末に世界が向かうようにコントロールしているんだろうか?それとも潤が「返してもらうだけよ」と言ってたことから、人類に攻撃をしかけて彼らが与えたものを奪い返すみたいなことだろうか。あの3人はスペックホルダーとは次元の違う何か、人間と神の間のような人なのかな。今回は野々村が死ぬというのがメインだったため、説明的なものがなかったから爻ノ編でその辺は明らかになるんだろうか。なってほしいな。
posted by ゆう at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。