2012年08月04日

ダークナイトライジング

・やっぱ、本部長イケメンだわ。バットマンやキャットウーマンやベインみたいにいろんな道具を持ってるわけでもなく、超人的な身体能力を持ち合わせてるわけでもなく、あくまで人間として一人の警官として立ち向かってる姿は確かに地味だけど、そこがカッコいい!!どんなピンチにあっても生きて戻ってくるあたりとかホント、真のヒーローって感じだと思う。
・なんか英語だと臨場感というか、緊張感というか、締まるね。吹き替え版でもたぶん楽しめるとは思うけど、やっぱり本場の言語だと雰囲気が一層引き立つ感じがした。
・ベイン側の人間関係が割と複雑でちょっとわかんなかった。ダークナイト ビギンズを全く見てないし、この間テレビでやってたダークナイトも途中までしか見てないこともいたいな。今度借りて見てみようかな。旧作100円だし(笑)。
posted by ゆう at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。