2006年04月09日

小ぎつねヘレン

子ぎつねヘレン-1a.jpg

・太一って、想像豊かなんだ。(というより、すごく思い込みが激しい)だって矢島診察所に行く時とかに森にいたおばさん(それともおばあさん?)がいやらしく笑って「あそこに行ったら二度と戻って来れなくなる」と言ってると思ったりとかしてたから。
・太一がヘレンにあげたプレゼントは太一といっしょに過ごした三週間だけど、ヘレンが太一にあげたプレゼントは友達や家族かな。だってヘレンがいたおかげで太一をいじめていた子と友達になれたし、お父さんもできたから。
posted by ゆう at 18:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 乾里緒 at 2006年04月25日 20:18
Posted by 小笠原杏依香 at 2006年06月24日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子ぎつねヘレン
Excerpt: 映画「子ぎつねヘレン」を見に行きました。目が見えない、耳が聞こえない、匂いがわからない、そんな子ぎつねにとって、生きることは幸せか、そんな重たいテーマですが、いろんな動物たちのかわいい、あるいはおも...
Weblog: あたしンちのおとうさんの独り言
Tracked: 2006-04-09 23:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。